新着記事

  1. 日本建設職人社会振興連盟主催の研修会
  2. 読書バリアフリー法院内集会「私たちももっと本を読みたい!」
  3. 「川越まちづくりワークショップ2018」開催
  4. 【泰子リポート 2018年7月16日】
  5. 小沢一郎代議士政治塾、小泉純一郎元総理講演
  6. JP労組)埼玉連絡協議会第11回連協総会
  7. 感震ブレーカー普及促進の現状
  8. 2020オリパラでのハラル対応検討状況の説明を受けました
  9. 「水制度改革議員連盟」総会
  10. 自然災害から国民を守る国会議員の会(自然災害議連)

過去の記事









FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月20日

日本建設職人社会振興連盟主催の研修会

 20日午後、衆議院本会議が開会中の同時刻、日本建設職人社会振興連盟主催の研修会が開かれ、秘書の参加をさせていただきました。
 研修会は一昨年暮れに成立の建設職人基本法をフォローアップしていく活動の一環として、行われています。国民民主党より増子参議院議員が出席され、挨拶。増子参議員は、建設職人基本法成立時の参議院国土交通委員長で、同法を委員長提案にて成立に携わられています。

会場の様子
次第など
増子参議院議員挨拶

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月17日

読書バリアフリー法院内集会「私たちももっと本を読みたい!」

 17日、DPI日本会議主催 読書バリアフリー法の制定を求める院内集会「私たちももっと本を読みたい!」に出席、ご挨拶させて頂きました。
 福沢諭吉先生の著書「学問のすすめ」では「天は人の上に人をつくらず」と平等をうたっており、「学ぶものと、学ばざるもの」の違いが人生を、そして社会を豊かに出来るかどうかの差となると説いています。読むことは学びに繋がるものです。読むことができない環境にあると、豊かな人生へのスタートが違ってきます。読むことへのバリアを取り払うことが政治の役割となります。法制化に向けて、超党派で頑張ること述べさせて頂きました。

集会次第
挨拶1
挨拶2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月16日

「川越まちづくりワークショップ2018」開催

 16日、都市プランナー、計画技術研究所代表取締役の佐谷和江さんを講師にお迎えして、「川越まちづくりワークショップ2018」を開催。小学校からご高齢まで、多彩なご参加のもと、似かよった興味分野毎に小グループに分かれていただき、まちの将来像について、夢と期待を込めて話し合い、発表。限られた時間の中でしたが、ユニークな提案、キラリと光るアイデアに溢れ、まちづくりに一人ひとりが、自ら参加・参画していく感覚の入口に触れるひと時となりました。
 会場で、広島、岡山をはじめ広範囲に甚大な被害を生じている、平成30年7月豪雨への支援募金の呼びかけも行い、4416円をお預かりいたしました。(国民民主党本部を通じて、日本赤十字社にお渡しする予定です。)ご協力ありがとうございました!

佐谷和江さん
小グループに分かれて
募金の呼びかけ
進行次第

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

【泰子リポート 2018年7月16日】

 連日の猛暑が続いています。今月は、大阪北部で大きな地震につづき、豪雨により、西日本を始め33県に多大な被害を及ぼし、死者200名超、建物被害も2万8千棟、224箇所の避難所に約5千人(7/15現在)の方々が避難を余儀なくされています。
 お亡くなりになられた方、被災された方に、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。  国民民主党では災害対策本部を立ち上げるとともに、募金の呼びかけ、災害ボランティアの派遣など取り組みを進めています。昨今、自然災害の甚大化の傾向があります。

◆7月9日 豪雨災害は行政府・立法府が一体で取り組むべきと野党各党首から揃い申し入れ

 全国各地に大きな被害をもたらした「平成30年7月豪雨」災害について、国民民主党の大塚耕平共同代表をはじめ野党5党1会派の党首・代表は9日、行政府と立法府が一体となって災害対応に取り組むべきとして安倍総理に緊急の申し入れを行いました。
 また衆議院災害対策委員会・理事会なども開催され、国会も迅速に対応できるよう準備しています。

◆政府・国会議員が優先させるべきは「国民の命・生活再建」のはず

 今回の被害の大きな割合を占める国土交通大臣は、政府与党方針のため、IR法案(カジノ法案)成立を優先させる形で、現在参議院委員会質疑に立たれることが多く、私達としては、災害対応に専念していただきたいと与党委員会理事等に伝えているのですが、残念ながら受け入れてもらえない状況が続いています。
 被災者再建支援法の見直しや、被害にあって断水が続いている水道の復旧、そして、首都直下地震などへの備えなど、並行して行ってまいります。

◆水道法改正・カジノ法案の危うさ

 今回の災害でも水道が被害にあうと生活や復旧も厳しいことを痛感しています。災害時に対応できなくなる問題も指摘されていた、水道法改正も与党により短時間の審議のみで、通過されています。一強政治の弊害が生じています。
 IR・カジノ法案の問題として「ギャンブル依存症問題」は大きく取り上げられますが、現在公営でのみ認めている賭博について民間への設置許可だけでなく、その胴元となる企業は貸金業者ではないのに貸金を認める「やりすぎ」な法案です。
 法治国家としてダブルスタンダードであり、この点でも認められない法案です。
 アベノミクスは結局「儲けられれば、なんでもあり」の様相で、犠牲者や格差拡大など、後々「社会不安定化の要素」を増やす施策が並んでいます。
 国民民主党は、「対決よりも解決」を掲げています。beyond2020、次の世代へ健全な日本・多様な価値観を活かした健全な経済と社会の実現を目指してまいります。

◆女性候補者比率30%をめざして

 今年5月16日、政治においてもより女性の声を反映させようと「男女候補者均等法」が国会で可決しました。
 現在、国政で世界193カ国中、日本は女性議員比率は158位です。地方議会にはまだ女性議員のいない地域も存在します。
 国民民主党は、各種選挙における女性候補者比率の30%達成をめざしすことを決定しました。
 仕事、家事、育児、介護、そして地域社会の慣習もふくめ、女性の政治参画を進めていくことで「一人ひとりが大切に感じられる人生」を実感できる政治を目指します。
 国民民主党は、女性の立候補、また議員活動の環境を整備する政策の実現に取り組むとともに、政党独自の取り組みとしても出来得る限りのフォローアップ体制づくりを進めていきます。

◆ご一緒に「政治」へ

 来年2019年は、春には統一地方選挙、7月頃には参議院議員選挙が行われます。
 政治は生活を平和を守るためにあります。男女共に、ご興味のある方、ぜひ小宮山泰子事務所にご相談・お問い合わせください。

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月15日

小沢一郎代議士政治塾、小泉純一郎元総理講演

 15日、小沢一郎代議士の政治塾。小泉純一郎元総理よりご講演お聞きいたしました。

小泉元首相講演1
小泉元首相講演2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月13日

JP労組)埼玉連絡協議会第11回連協総会

 13日、日本郵政グループ労働組合(JP労組)埼玉連絡協議会第11回連協総会のご案内をいただき、伺いました。

総会にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月12日

感震ブレーカー普及促進の現状

 12日、超党派「自然災害から国民を守る国会議員の会(自然災害議連)」会合の中で、昨年、同議連より提出していた感震ブレーカー普及促進要望について、経過を含めて説明がありました。
 感震ブレーカーについて、私は、衆議院災害対策特別委員会など審議の際に、継続的に取り上げて来ました。
 国土交通省、消防庁、経済産業省など連携して取り組んでいただき、平成27年3月、第三者認証制度がはじまって、感震ブレーカーの性能評価が行なわれるようになりました。
 平成28年3月には木密地域など、地震での電気火災の危険が予想される密集市街地での新築工事において感震ブレーカー設置を「勧告」になりました。
 さらに、平成30年3月、「大規模地震時の電気火災抑制策の方向性について」報告がとりまとめられ、6月には内線規程の改定検討の要請が行なわれています。
 安価に、地震時の火災の防止に効果が望める感震ブレーカーの設置促進に向けて、すこしづつ進展しているところですが、今後とも、注視していきたいと思います。

感震ブレーカー取組資料
感震ブレーカー紹介チラシ1
感震ブレーカー紹介チラシ2
感震ブレーカーPR資料

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2020オリパラでのハラル対応検討状況の説明を受けました

 12日、観光庁より、2020東京オリンピック・パラリンピックにおけるハラルフードなどへの対応について、ピョンチャン冬季五輪や、リオ五輪での対応実態も参考にしつつ、準備状況の説明を受けました。

観光庁より説明を受けました
組織委員会作成資料

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

「水制度改革議員連盟」総会

 12日、超党派の「水制度改革議員連盟」総会に出席。本議連において、新たに設けられることとなった議連副会長に就任。内閣官房水循環政策本部をはじめとして関係省庁より出席いただき、前回総会以降の状況について説明を受けました。特に、全国の自治体における地下水関連条例の制定状況、条例の内容や地域的傾向などについて進められている調査の経過報告がありました。

議連総会1
議連総会2
地下水条例調査資料1
地下水条例調査資料2
地下水条例調査資料3
地下水条例調査資料4
地下水条例調査資料5

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

自然災害から国民を守る国会議員の会(自然災害議連)

 12日、超党派の「自然災害から国民を守る国会議員の会(自然災害議連)」が開催され出席しました。大阪北部での地震、並びに、広島県・岡山県をはじめ広範囲に甚大な被害を生じた「平成30年7月豪雨」に関して気象庁、及び内閣府よりヒアリングと意見交換を実施。
 また、昨年、当議連より提出していた「同一災害・同一支援」並びに「感震ブレーカー普及促進」に関する要望書について、その後の状況の説明を受けました。
 大規模な災害が生じると、内閣府防災担当のもとで、災害進行の状況や、対応などについて、時系列とともにまとめられた資料が、時間の経過とともに、内容をアップデートしつつ公表されます。
 「平成30年7月豪雨」についても、こうした資料がまとめられていますが、高齢者や障がい者、難病など疾病を持つ方などの被災状況や対応状況について、実態が見えてきません。
 また、避難所生活の中で生じる性被害が矮小化されてしまいがちな問題などについても、何らかの形で実態調査を行うなどしていくことで、今後の対応方法や、被害発生の抑制へとつながるきっかけとしていく必要があるのではないか、など、発言させていただきました。

議連会合の様子
私からも発言

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月11日

国民民主党電機商業振興議員連盟設立総会

 11日、国民民主党電機商業振興議員連盟設立総会に出席。経済産業省、公正取引委員会から独禁法や町の電気屋さん、家電の現実についてヒアリング行うとともに、意見交換しました。

議員連盟設立総会にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

ジェラルド・カーティスさんの講演

 11日、国民民主党両院議員勉強会にて、コロンビア大学 ジェラルド・カーティス 名誉教授より講演をお聞きしました。「日本」を客観的に見、研究されているお話は、様々な示唆に富んでいました。

ジェラルド・カーチスさんと
ジェラルド・カーチスさんご講演

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

犬猫の殺処分ゼロを目指す動物愛護議員連盟総会、動物愛護法改正PT会合

 11日、犬猫の殺処分ゼロを目指す動物愛護議員連盟総会、動物愛護法改正PT会合、が開催となり出席しました。

議連会合の様子1
実験動物に関して発言
議連会合の様子2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月10日

国民民主党柔道整復師の業務を考える議員連盟総会

 10日、国民民主党柔道整復師の業務を考える議員連盟の総会に出席しました。議連では柔道整復をめぐる諸課題、諸問題に関してヒアリング、情報交換、意見交換などを重ねてまいります。

意見交換
議員連盟総会にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

豪雨災害へのお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 岡山県内、広島県内などを中心とした広範囲に、豪雨による災害が生じています。お亡くなりになられた方、被災された皆様に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。10日、衆議院本会議では「平成30年7月豪雨の災害対策に関する決議」も予定され、与野党ともに協力して取り組んでまいります。

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

バス政策議員連盟総会

 10日、バス政策議員連盟の総会。乗合バス、貸切バスをとりまく現状と課題について、国土交通省ならびに関係団体より説明いただくとともに、意見交換しました。本議員連盟において、私は幹事長代行に就任。

議連総会1
議連総会2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月08日

第3回英語でニッポンを語ろう!コンテストin川越

 8日、「第3回英語でニッポンを語ろう!コンテストin川越」が開催されました。東京オリパラの開催も控える中、国際観光都市川越として、英語ボランティア活動の推進、日本の素晴らしさや魅力をアピールできる人材育成・輩出する機会をつくる等を目的として実施しています。
 今年から、小学生の部とイングリッシュマスターの部が追加され、更に幅広い層に対応。グランプリの英語落語家喜餅(KIMOCHI)さんは、留学経験もなく30歳から英語に挑戦したとは思えない、優しい発音、聞き取りやすい英語、落語で培われた豊かな表現力でした。
 また、今年も、JR川越駅から出場がありました。訪日観光客が増えていること、日々の安全運行を重視していることなどをプレゼンテーション。小学生の部はテーマ設定が明確な上に可愛い。更に発音も良く、子供の学びの可能性を感じました。
 一般の部では、川越唐桟織の着物で、美声を響かせての大舞台も興味深く拝聴。ヒッポファミリークラブのデモンストレーションもあり、英語だけでなく、多言語と、おもてなしの気持ちで国際交流する時代になったことを実感したコンテストでした。
 今年は阿理那さん達の司会でテンポ良く進行され、コンテストの締めの挨拶をされた、谷島実行委員長の英語でのスピーチも勉強になりました。参加者、企画運営にあたられた皆様、素晴らしいパフォーマンスに感動しました。

開催チラシ
会場にて
JR川越駅職員、阿理那さんと
控室にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月07日

男女共同参画市民フォーラム

 7日、男女共同参画市民フォーラムが開催されました。ベビーマッサージ教室やアロマセラピー、カラーセラピー、アクセサリー、キャンドル作成など、元気な女性達の起業や活動の紹介が行われていて、見聞きするだけで元気が湧いてきました。

開催チラシ
会場にて
展示1
展示2
展示3

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

富士見市内 放課後児童クラブ(学童保育)訪問

 7日、毎年この時期に、富士見市内の放課後児童クラブ(学童保育)において課題を抱える施設に保護者の皆様が訪問する機会がもたれています。関心を持つ議員も参加し、解決すべき課題を共有していきます。
 各施設の課題は、定員が足りていない、児童一人に対して面積不足、施設・備品の老朽化、出入口の安全など山積。政府は女性の活躍と銘打ち、働く女性増加へと提案しているのですから、自治体だけでなく、国としても支援を充実させるべきです。今回も、本当に勉強になりました。

放課後児童クラブにて1
放課後児童クラブにて2
放課後児童クラブにて3
放課後児童クラブ内の七夕かざり
意見交換次第
富士見市のゆるキャラ「ふわっぴー」

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月04日

設計三会より提案・要望事項をお聞きしました

 4日、建築士の先生方の関係団体となる設計三会、公益社団法人日本建築士会連合会(三井所清典会長)、一般社団法人日本建築士事務所協会連合会(佐々木宏幸会長)、公益社団法人日本建築家協会(六鹿正治会長)より国会事務所にて「建築士資格制度の改善に関する共同提案」の説明をいただきました。
 一級建築士について、将来の担い手不足への懸念が広がりつつある中、建築士試験の受験前に求められている実務経験を、試験の前後にかかわらず免許登録までに満たすこととするなど、要件の柔軟化を行えるよう法改正が要望されています。
 また、試験内容について、CAD利用による試験の導入検討や、建築物の質確保を目的とする業務領域のあり方への提案など、三団体からの提案・要望事項についてお聞きしました。

設計三会の皆様よりお話伺いました
試験受験要件柔軟化の要望資料

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

タクシー政策議員連盟総会

 4日、タクシー政策議員連盟総会を開催。国民民主党、立憲民主党、無所属の衆参有志議員により構成され、タクシー・ハイヤーを取り巻く諸課題について一丸となって取り組んでいく議員連盟です。
 増子輝彦参議院議員が議員連盟会長、私は議連幹事長代理となりました。関係する団体並びに労働組合からも出席いただく中、タクシー関連政策、特にライドシェアの検討状況について関係省庁より説明を受けるなどしました。

議連総会にて
意見交換

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月03日

水循環基本法フォローアップ委員会

 7月3日、水循環基本法フォローアップ委員会が開催され、分科会報告や意見交換などが行なわれています。

水循環基本法フォローアップ委員会のホームページをご紹介します。
http://mizugiren.blue/fu/

フォローアップ委員会にて1
フォローアップ委員会にて2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年07月01日

川越八幡神社“茅の輪くぐり”

 7月1日、川越八幡神社での“茅の輪くぐり”。6月中、早くも梅雨明けとなり、暑い日々が始まっています。皆さま、健康第一で、お過ごしください!

川越八幡神社にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月29日

全国社会保険労務士会連合会・全国社会保険労務士政治連盟総会後懇親会

 6月29日、全国社会保険労務士会連合会・全国社会保険労務士政治連盟の総会後の懇親会に出席しました。

瀬谷先生はじめ皆様と
政治連盟会長と
会場にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

第17回日本ALS協会埼玉県支部総会

 6月29日、第17回日本ALS協会埼玉県支部総会に伺いました。
 京都大学の山中教授はじめとするチームによるIPS細胞を利用した治療法の開発などへ期待が増す中、介護する方への支援など、まだまだ課題が山積しています。
 昨年、大学の先輩がALSで亡くなりました。ALS診断後、自ら出版したり、取材を受けるなど、アクティブに活動されていました。一度の人生を受け入れ、ポジティブに生き抜かれた姿から、嫌なことがあっても、生きていられる時間を大切に前向きに生きろ!愚痴を言うより幸せを感じるようになれ!と私たちに激励していると感じました。
 ALS患者を支える周辺機器も進化。咀嚼の難しくなった時の栄養補助食品も進化しています。難病対策に関して、政治も進化させたいと思う総会出席でした。

総会会場にて
総会次第
山中教授の研究に期待
展示1
展示2
展示3
展示4

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月28日

全国公共嘱託登記土地家屋調査士協会連絡協議会定時総会後懇親会

 6月28日、全国公共嘱託登記土地家屋調査士協会連絡協議会定時総会後の懇親会に出席。 今国会、所有者不明土地法案など、調査士の専門知識、技術が活かされる法律も成立。いつも明るい調査士の先生方。この明るさで、土地の筆界問題解決に全力投球。全公連の更なるご発展を願って挨拶いたしました。

会場にて1
会場にて2
会場にて3

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

全国旅行業協会定期総会後懇親会

 6月28日、全国旅行業協会定期総会後懇親会に出席。訪日観光客4000万人時代を見据えて、観光バスの課題など施策を進めねばなりません。国土交通委員会理事として、また小江戸川越の国会議員として、観光政策を進めていかなくてはと、決意を深めた総会出席となりました。
 同会は自民党二階幹事長が会長。私は国民民主党企業団体局長として挨拶させて頂きました。会場にいらした松あきら元参議院議員、宝塚歌劇団出身の母について「お母様お元気?」と気遣ってくださり、党派違っても女性議員頑張ってと言葉も。相変わらずお綺麗でいらっしゃいます。

松前参議員、二階代議士と
すしざんまい社長と
二階代議士が協会会長をお務め

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

国民民主党仏教議員連盟総会

 6月28日、国民民主党仏教議員連盟総会を開催、幹事長代理に選任されました。大災害時など、各宗派で支援を実施しています。それら活動を通じて、臨床宗教師の必要性を伺いました。川越市仏教会でも毎年開催している「花まつり」の普及のお話しも伺え、和やかな総会、意見交換となりました。

議連総会にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月26日

国民民主党各部門合同会議

 26日、国民民主党各部門合同会議に出席。先週の大阪北部地震で、崩壊した違法建築ブロック塀の事故原因・安全点検、通学路の安全確保、及び緊急合同点検の状況について関係省庁から報告をうけました。
 従前から準備の議員立法「児童の通学安全確保に関する施策の推進に関する法律案」に反映させて参ります。この他、議員立法「研究開発力強化法の一部を改正する法律案 」と「男女雇用機会均等法の一部を改正する法律案 (セクハラ予防・救済・再発防止)」について議論しました。

合同会議にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月21日

超党派「ダンス文化推進議員連盟」

 21日、超党派の「ダンス文化推進議員連盟」が開催され、平成28年6月施行の改正風俗営業法のもと、深夜のダンス等を客が行うことができる営業を「特定遊興飲食店営業」として規定した以降の現状確認と、関係団体からの要望ヒアリングを行いました。
 お亡くなりになられた故小坂憲次参議議員が議連会長としてダンスを広くだれもが楽しめるものと成るよう法改正に取り組んできた成果としての先の法改正でしたが、改善も求められる点が表れてきました。
 BGMの流れる立呑のバーで客がリズムを取っているといったような場面への判断で指導を受けている事例や、既存のライブハウスなどが特定遊興飲食店営業の許可取得エリア外にあるがために許可取得できない問題なども報告されています。法運用上の課題とともに、今後とも各党の議員とともに取り組んでいきたいと思います。

河村会長挨拶
会場の様子

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月20日

映画「ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜」

 20日、国民民主党内の部門会議で映画「ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜」の上映が行なわれました。上映前に、八木景子監督から撮影に至った経緯と映画「ザ・コーブ」関係者とのやり取りなど、エピソードとともに、このドキュメンタリー映画に対する諸外国での反応などお話しを伺いました。
 全編拝見し、反捕鯨の活動には純粋に動物愛護の立場の人と、クジラ・イルカ保護の活動にはお金が集まりやすく政治的背景なども含めてよこしまな理由で捕鯨と日本への批判を利用しようとする人との二面があることが、改めて如実に表れていると感じました。
 また、クジラの商業捕鯨については、かつて西洋諸国による乱獲が生態系へ影響したが、日本の捕鯨は乱獲にあたらず、かつ、捕ったクジラを余すところなく活用していたこと、クジラ塚などつくり与えられた命に感謝する文化についてなど、興味深い歴史も紹介されました。
 さらに1970年代に反捕鯨運動とベトナム戦争に関しての米国公文書館の資料など、このような活動の裏側が見えるような、調査も勉強になりました。

【参考『ビハインド・ザ・コーヴ』とは】
アカデミー賞受賞「ザ・コーブ」により影響を受けた捕鯨の町「太地町」にて、捕鯨論争における両派の人々へのインタビューを基軸に、太地町の問題だけでなく、これまで民間まで届いてこなかった政治的側面にも踏み込んだ2015年のドキュメンタリー映画。
http://behindthecove.com/

パンフレット等
八木景子監督1
八木景子監督2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月19日

日本土地家屋調査士会連合会第75回定時総会懇親会

 19日、日本土地家屋調査士会連合会第75回定時総会懇親会に伺いました。岡田会長、横山政連会長、また 埼玉県内はじめ土地家屋調査士の先生方に、日頃よりご指導いただいています。土地の筆界問題、所有者不明問題、など今後ともしっかりと取り組んで行きたいと思います。

会場にて1
会場にて2
会場にて3

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

国土交通委員会で質問

 19日、衆議院国土交通委員会にて「建築基準法の一部を改正する法律案」の審議が行われ、質問の機会を持ちました。

国土交通委員会1
国土交通委員会2
石井国土交通大臣
伊藤住宅局長
国土交通委員会3
国土交通委員会4

発言の詳細は以下の議事速報をご覧ください。
↓↓↓↓↓<2018.6.22 Upload>↓↓↓↓↓
【議事速報(速記録)pdf】 又は、【議事速報(速記録)text】
※本議事速報は、正規の議事録ではございません。
FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月18日

滋賀県訪問、大津市震度5

 18日朝、大阪北部を中心とする大規模地震。私は、滋賀県で県知事選挙、県議会補欠選挙が行われており、三日月大造知事候補、かわい昭成県議候補応援のため大津市にいました。大津市は震度5、地鳴りと、突き上げるような揺れ、緊急警報とほぼ同時で、さすがに怖かったです。
 滋賀県連に伺いましたが、地震に伴い、各陣営では選挙宣伝活動自粛し、まずは災害対応を申し合わせたとのことで、私も予定変更し、三日月知事の事務所へは表敬訪問、安否確認等のみで新幹線が動き始めていることを確認して、移動開始し、何とか無事に帰路につくことができました。
 震災で被害にあわれた方のご冥福並びにお見舞いを申し上げます。今回の震源地は、辻元代議士の選挙区であり、同日は災害対応にあたるとおっしゃっていました。党災害対策担当メンバーとして、党派超えて協力する旨をお伝えしました。
 前日には北関東で震度5、電気系統の理由で東北地方の新幹線が不通。1大阪の地震では東海道新幹線が約5時間不通、ダイヤ乱れ。新幹線が日本の交通の大動脈であり、日常に欠かせない存在であること、また、そこに繋がる鉄道も日々の生活に欠かせないこと改めて実感しました。
 三日月知事は災害対策本部を立ち上げ、陣頭指揮をとられているとのこと。かわい候補も県議となり、災害対策も進めて頂きたいとご期待申し上げます。必勝目指して、ご奮闘お祈りいたします。

ポスター
三日月知事事務所
川端前衆議院副議長と

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

19日、国土交通委員会質問予定のご案内

 18日、午前7時58分頃、大阪府内を中心とした広範囲に渡る最大震度6強の大規模地震が生じました。お亡くなりになられた方へのお悔やみとご冥福を申し上げますとともに、被災された多くの皆様に、お見舞い申し上げます。

 19日、衆議院国土交通委員会にて、「建築基準法の一部を改正する法律案」審議が行われる予定となり、22分間、質問の機会をいただきます。

《 国土交通特別委員会 》

【期日】
2018年6月19日(火)

【時間】
10:26頃~10:48頃まで22分間

【内容】
1)用途変更に伴う建築確認が必要となる規模の見直しについて
2)古民家や地域の文化財的建物の改築について
3)既存建築物の用途変更をニ以上の工事に分けて行う場合の制限緩和について
4)長屋・共同住宅の各戸界壁について
5)一時的用途変更の場合の制限緩和について
6)改正を通じての将来展望について
等を予定しています。

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月16日

第30回埼玉教職員組合定期大会

 16日、第30回埼玉教職員組合定期大会に国民民主党埼玉県連を代表して出席し挨拶申し上げました。

定期大会会場にて

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月15日

消防団における準中型免許問題

 15日、消防庁より、消防団における準中型免許問題について、現状認識と対応について説明を受けました。
 昨年3月施行の道路交通法改正により、新たな普通自動車運転免許において、運転可能な車両が3.5t以下に制限されることとなっております。全国各地の消防団で運用している多くの消防自動車の内3割ほどが、3.5tを超して5t程度の車両となっており、新規免許取得者は、消防団に所属していてもこれら車両の運転を行えないという問題が生じることとなっています。
 もともと準中型免許はトラック運転手不足解消の目的で導入されましたので、いざ運用開始となり、問題が顕在化し、消防庁に多くの問い合わせが来たそうです。
 そこで、消防庁として対策を各都道府県へ通達しています。(1)消防団員が準中型免許を取得する経費について地方自治体が助成を行った場合に交付税措置をとる、(2)消防車両更新時に3.5t以下の車両活用を進めていくことで、解消を図っていく取り組みを行っています。

消防庁より説明を受けました
説明資料1
説明資料2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月14日

埼玉県版DMOの説明を受けました

 14日、埼玉県庁より、埼玉県版DMOの説明を受けました。DMO(Destination Management Organization)は、地域と協力して観光の取り組みを行う法人で、地方創生推進交付金の対象となり、県内では秩父地域おもてなし観光公社と、埼玉県物産観光協会の2団体が、登録法人・登録候補法人となっています。

県庁職員より説明を受けました
日本版DMO説明資料
埼玉県でのDMOの取り組み資料

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

2018年06月13日

関東信越税理士政治連盟定期大会懇親会

 13日、関東信越税理士政治連盟定期大会懇親会に出席。税理士による小宮山泰子後援会を通じても、税制へ対する現場の声を学ばせて頂いています。

会場にて1
会場にて2
税理士による小宮山泰子後援会旗

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る

参議院厚生労働委員会公聴会に連合埼玉佐藤事務局長出席

 13日、川越プリンスホテルにおいて、参議院厚生労働委員会公聴会が開催され、政府が働き方改革と呼ぶものの“働かせ方改悪”とも言える法案について公述人からの意見表明を元に質疑が行なわれました。連合埼玉の佐藤道章事務局長が公述人の一人として出席し、貴重な意見表明をされました。

公聴会、会場の様子
連合埼玉佐藤事務局長1
連合埼玉佐藤事務局長2

FaceBookでシェア Twitterでシェア Google+でシェア LINEで送る