新着記事

  1. 民進党LPガス議員連盟総会
  2. 日本大学西武蔵桜門会・川越日大会の交流会懇親会
  3. 「共生社会創造フォーラム」開催のご案内
  4. 自治会の餅つきに伺いました
  5. 小江戸川越酉の市
  6. 【泰子リポート 2016年12月3日】
  7. 「無電中化の推進に関する法律案」衆院委員会で可決
  8. 埼玉県農業会議の皆さまより要請書をいただきました
  9. 北方領土返還要求アピール行進出発式
  10. 北方領土返還要求アピール行進のご案内を頂きました

過去の記事



カウンター

2016年12月07日

民進党LPガス議員連盟総会

 7日、民進党LPガス議員連盟総会に出席し、全国LPガス協会さん、日本LPガス協会さん、並びに経済産業省よりLPガスを取りまく現状についてお聞かせいただくとともに、意見交換いたしました。

意見交換で発言
議連総会にて

2016年12月04日

日本大学西武蔵桜門会・川越日大会の交流会懇親会

 4日、日本大学西武蔵桜門会と川越日大会の交流会にて蕎麦打ちが行われ、その後の懇親会に出席いたしました。先輩方の作った蕎麦を美味しく頂くことができました。

交流会懇親会にて
交流会で打った蕎麦

「共生社会創造フォーラム」開催のご案内

 「私たちは、一人ひとりがかけがえのない個人として尊重され、多様性を認めつつお互いに支えあい、すべての人に居場所と出番がある、強くしなやかな社会をつくる」と民進党は綱領に定めています。格差を是正し、安心して安全に暮らせる社会を創る事は政治の最重要課題であり、埼玉県第7区総支部(川越市・富士見市・ふじみ野市の旧上福岡市エリア)では、共生社会創造フォーラムを開催し取り組みを進めています。 
 ナチス政権時代、20万人以上の精神・知的障害のあるドイツ人らが殺害されるなど、戦時中の障がい者は過酷な体験を強いられました。終戦後71年・日本国憲法公布70年の節目である本年、障害分野の視点から、NHKハートネット『シリーズ戦後70年』に出演され、日本の障害者政策をリードしてきた藤井克徳さん(日本障害者協議会代表・自らも視覚障害)を講師に迎えて、歴史を知り、共に学び、平和な未来を見据えるために下記の通り「共生社会創造フォーラム」を開催いたします。
 多くの皆様のご参加、心より、お待ち申し上げます。

    記

「共生社会創造フォーラム」
あなたにとって憲法とは? ともに学ぶ。~戦後71年目の日本と障がい者~


◆日  時
2016年12月19日(月) 18:30~

◆会  場
ウエスタ川越 2F 活動室
川越市新宿町1-17-17

◆講師講演
日本障害者協議会(JD) 藤井 克徳 代表

◆会  費
500円(資料代) ※手話通訳あり。

◆司  会
小宮山泰子 民進党埼玉県第7区総支部長 衆議院議員
1965年生まれ 衆議院議員5期
民進党障がい難病政策推進議員連盟事務局長、民進党無電中化の在り方を考える議員連盟事務局長、犬猫殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟副会長、衆議院国土交通委員会委員・災害対策特別委員会理事・元農林水産委員長

◆お問合せ
小宮山泰子事務所 電話 049-222-2900

案内チラシPDFファイル

自治会の餅つきに伺いました

 4日、毎年ご案内いただいている自治会餅つきにおじゃましました。
 野菜の値段が高騰しているなか、辛味餅(大根おろしと餅)は最高のおもてなしとなります。毎年、餅つきの杵を持ちますが、様になってつけるまでには、まだまだ経験を重ねる必要がありそうです。注目いただいた皆さま、自治会の皆さま、ありがとうございました。

杵を振り上げて
会場にて
つきあがったお餅

2016年12月03日

小江戸川越酉の市

 3日、恒例の小江戸川越酉の市が、連雀町熊野神社にて開催されました。
 天候にも恵まれ、お囃子と威勢の良い手締めで賑わっていました。過日、川越祭りと一緒にユネスコ無形文化遺産登録になった秩父夜祭りと同日の12月3日開催であり、テレビニュースなども秩父夜祭りの映像で溢れていますが、こちらも地元の皆さまの熱気に満ちています。
 良いお年をお迎え下さい、と声を掛け合う、素敵な夜でした。

境内にて
連雀町熊野神社
酉の市ポスター
お囃子と踊り

【泰子リポート 2016年12月3日】

 次期米国大統領がトランプ氏に決まり、多くの日本人に驚きが広がりました。
 大統領選挙に限らず、世界を俯瞰する外交と自慢される安倍内閣での外交情報収集の見込み違いは、日本が世界をリードしてきた環境分野においても、パリ協定の初回会議に参加できないなど、安倍総理・自民党の思惑とは異なる状況になっています。来年に向けて冷静な分析が必要です。

◆年金は老後の命綱、年金カット法案採決強行

 今国会、民進党が以前から推進していた年金受給資格が納付期間10年に短縮されました。
 受給額は年数によりますが、新たに64万人が受給できるようになります。
 この法案の成立後、11月25日に審議打ち切りして採決が強行された年金改正法案(自民党など与党は「年金確保法案」だと強弁しています)、これまで賃金減少・物価上昇の場合、年金受給額は据え置きですが、政府が提案した改正法では、物価が上がっても年金がカットされます。また、障害年金も同じルールでカットされます。
 老後の命綱でもある年金をはじめとする社会保障問題は、党派の違いを競うより、受給者等の立場に立つ謙虚な姿勢を大切にするべきです。

◆表アベノミクスは金融に依存し、裏アベノミクスは国民負担に依存

 消費税率10%への増税は延期したものの、配偶者控除廃止・相続税増税・軽自動車税増税・医療負担増、さらには今回の年金支給引き下げなど、安倍政権は個人負担を増やす政策を続けています。
 子どもの貧困対策「子供の未来応援基金」には国ではなく企業・個人などに資金拠出を依頼し約一年間で7億円を集めました。しかしこの基金のために国は広報費として約2億円支出しています。
 子どもの貧困対策法の成立から3年が経過しましたが、いまだ給付型奨学金制度も実現していません。
 他方、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の発効の可能性がなくなっているなか、国会では強行採決・審議続行。今まで、安倍内閣がTPP対策費として支出した約1兆2千億円の予算は与党によるバラマキ批判だとも捉えられます。同対策額の5%(600億)でもいいから子供への予算にまわして欲しいと切に思います。

◆海外への自衛隊派遣と駆けつけ警護の危うさ

 政府は、南スーダンのPKO国連平和維持活動に派遣される新たな陸上自衛隊に安全保障関連法に基づく「駆けつけ警護」と「宿営地の共同防衛」の実施任務を付与することを閣議決定しました。
 災害派遣において頼りになる自衛隊といった捉え方が強いと思いますが、仮にこれら任務で交戦状態に至った場合には相当規模の被害が生じることも考えられ、また重大な後遺症が残る被害を受ける隊員が他国での軍隊の場合に比して多くなる可能性も指摘されます。
 自衛隊は戦闘による犠牲への想定が他国での軍隊とは異なっています。例えば、各隊員が個人で装備するエイド・キットは、米陸軍が19アイテムを携帯しているのに対し、陸自のPKO用では8アイテム、国内においては3アイテムに過ぎず、太平洋戦争時における旧日本軍と同じか、それ以下ともいわれます。
 民進党は自由党と共に自衛隊員救急救命法案を11月15日に衆議院に提出しました。自衛官にも家族もあり、将来があります。隊員の命を大切にするのも政治の責任です。

◆「無電柱化推進法案・建設職人基本法案」成立へ
次の目標は、無電柱化エリアを拡げて、市街地・避難道路の電柱・電線を無くし、青空を取り戻すことです。

 今国会で、嬉しいのは私が進めていた2本の議員立法が成立する見込みとなったことです。
 建設職人基本法案は、落下等による重大事故が年間3百件程、平均すれば毎日起こっているに等しいことに鑑み、建設職人の安全確保と処遇等の改善を喫禁の課題として取り組んだものです。
 また、電柱は現在も毎年7万本増え続けて、現在なんと全国に3552万本程あります。一度に無くなるわけではありませんが、災害の防止・円滑な交通・良好な景観を作り出す無電柱化を国も地方公共団体・関係事業者と共に進めていけるようになります。
 川越市は無電柱化による一番街の素晴らしい街並みが観光客を呼び込み、山車の巡行時には感動がわきます。

◆「川越氷川祭り」ユネスコ文化遺産登録されました

 日本時間12月1日午前2時過ぎに待ち望んだ「川越氷川祭りの山車行事」のユネスコ文化遺産登録が、全国33の「山・鉾・屋台」祭りと共に決定いたしました。
 「伝承者や実践者である地域住民にアイデンティティーや芸術的創造性を与えかる」と国連教育科学文化機関(ユネスコ)の委員会が高く評価したことは、祭りを支えていることへの賛辞であり、私も市民として誇らしい決定となりました。
 2020年東京オリンピックではゴルフ競技が開催されます。昨年の富士見ららぽーと開業、圏央道開通などにより、川越市周辺は益々発展することが期待されます。
 政治は国民の生活を守るためにあります。
 これからも安心して暮らせる毎日をつくるために、頑張ります。  皆様のご意見、ご協力を引き続き宜しくお願い申し上げます。

2016年12月02日

「無電中化の推進に関する法律案」衆院委員会で可決

 2日、衆議院国土交通委員会にて、「無電中化の推進に関する法律案」をはじめとする議員立法3本および委員会決議1本がいずれも全会一致で可決されました。
 無電中化の推進に向けて、大きく動き出すこととなります。今後ともしっかりと取り組み、各地での取り組みを応援していきたいと思います。

起立採決
全会一致

2016年12月01日

埼玉県農業会議の皆さまより要請書をいただきました

 1日、田端講一会長をはじめとする一般社団法人埼玉県農業会議の皆さまが、国会事務所を訪問くださり、本日開かれた全国農業委員会会長代表者集会にて協議・決定された「農地利用の最適化に向けた施策推進に関する要請」書をいただきました。
 農業施策全般に関わる諸課題についての貴重な要請内容として、しっかりと受け止め、取り組んでいきたいと思います。

要請書を受け取って

北方領土返還要求アピール行進出発式

 1日、北方領土返還要求アピール行進出発式が国会議員並びに政府からも出席し日比谷野外音楽堂で開催され私も参加しました。
 島民皆さんの訴えは切実さが伝わってきます。故郷に自由に帰れるよう、共に歩みたいと思います。昨日、来所頂いたつぼた議員、以前、園遊会でお会いした方にも再会しました。

会場でお会いしました
野外音楽堂
エリカちゃんと

2016年11月30日

北方領土返還要求アピール行進のご案内を頂きました

 30日、慶應義塾全国議員連盟の会長を務められている根室市議会議員つぼた重夫先生が、根室市議会の副議長、同北方領土対策特別委員長をはじめとする先生方とご一緒に国会事務所に訪問くださりました。
 明日12月1日、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会主催で、平成19年から毎年開催されている、北方領土返還要求アピール行進が行われ、日比谷公園から出発とのこと、ご案内いただきました。

アピール行進について案内頂きました

2016年11月29日

自然災害から国民を守る国会議員の会総会

 29日、自然災害から国民を守る国会議員の会(河村健夫会長、松原仁会長代行、漆原良夫会長代行)の総会が開催され、私も同議連幹事となりました。
 総会では、6月に行った熊本被災地視察報告と復興復旧状況、鳥取県中部地震について関係省庁等から報告を聞くとともに意見交換いたしました。今後も、税制面での支援策、被災者生活再建法の見直しなど、被災地・被災者の支援体制に寄り添う活動を続いてまいります。

議連総会にて
議連総会次第

民進党国土交通・沖縄北方部門会議

 29日、民進党国土交通・沖縄北方部門会議に出席しました。

部門会議にて1
部門会議にて2

JR貨物労組より「存立基盤の確立に向けた要請」を聞きました

 29日、JR貨物労働組合の皆さまより、JR貨物の「存立基盤の確立に向けた要請」についてお聞きしました。
JR貨物は、国鉄分割民営化時から、様々な制約のもと発足し現在に至っています。鉄路による貨物輸送は、モーダルシフト、低炭素社会の実現に向けて、本来は物流においてより重要な位置づけとなるべきものです。どのように、維持・発展へと繋げられるのか、しっかりと考えていかねばなりません。

要請内容の説明を受けました

2016年11月28日

民進党埼玉県総支部連合会第11回常任幹事会

 28日、民進党埼玉県総支部連合会第11回常任幹事会が開催されました。各報告事項、埼玉県連代表選挙における選挙管理委員会の選出、埼玉県連の2月6日新春の集い、3月20日定期大会の実行委員長の選任をいたしました。

県連常任幹事会

漫画とピクトグラムの応用と保護に関する研究会

 28日、漫画とピクトグラムの応用と保護に関する研究会に出席。日本漫画家協会著作権委員佐藤薫さんが司会、また協会常任理事松本零士さん、他多くの関係者が参集されました。
 子供の頃から憧れの松本零士さんは「漫画は子供たちを支える(いきる気力)夢を与える」とされ、その環境を守るため著作権期間問題についてご自身の経験を交えて話されました。手塚治虫氏、石ノ森章太郎氏、やなせたかし氏との出会い、また漫画には国境がないとの指摘も興味深いお話しでした。
 さらに、医療現場における漫画・ピクトグラムの役割・避難誘導サイントータルシステムについて報告がありました。これらも興味深い内容でした。

研究会にて1
研究会にて2
発言させて頂きました
松本零士さん
医療とアニメ

街の酒屋さんと共に歩む議員連盟(小売酒販議連)総会

 28日、民進党の街の酒屋さんと共に歩む議員連盟(小売酒販議連)総会が開催され、国税庁から種類に関する公正な取引の基準についてヒアリングを行いました。

議連総会にて

2016年11月27日

第10回さんとめの木をいかす展

 27日、第10回さんとめの木をいかす展に伺いました。今回も素敵な木製品の展示や販売が行なわれていて、薪割り体験ができました。

会場看板
薪割り体験コーナー
薪割り体験
展示の様子
資料

小江戸川越ハーフマラソン

 27日、小江戸川越ハーフマラソンが火災されました。
 心配された天候も、曇り空でほどよく、約1万人のランナーが参加。私は今年は応援を楽しみました。
 コスプレや親子ランナー、障害をお持ちの方など参加者の皆さま、感動をありがとうございます。
 また沿道で応援された皆さま、早朝から大会を支えて下さった皆さま、ありがとうございました。

水上公園にて1
水上公園にて2
水上公園にて3
水上公園にて4
川合市長と
川越一番街
川越クリアーズの皆さんと
先導の白バイ

2016年11月25日

国際ソロプチミスト埼玉第25回チャリティーディナーショー

 25日、国際ソロプチミスト埼玉第25回チャリティーディナーショーが開催され、加藤登紀子さんのトークと唄を楽しみました。
 加藤登紀子さんの歌声には、様々な人生経験が滲み出ていると感じました。ご一緒のテーブルには、川合川越市長、立原川越商工会議所会頭、村田幸子さん。ディナーも美味しく頂きました。
 ソロプチミストの皆さま、素敵な時間をありがとうございました。

会場にて
ソロプチミスト埼玉さんの旗
デザート

2016年11月24日

衆議院災害対策特別委員会 参考人質疑

 24日、衆議院災害対策特別委員会にて、岩手県岩泉町町長 伊達勝身さん、北海道南富良野町長 池部彰さん、群馬大学教授 片田敏孝さん、北海道大学教授 清水康行さんを参考人としてお迎えした質疑を行いました。大変貴重なお話を伺い、民進党からは北海道選出の佐々木隆博議員が質問に立たれました。

災害対策特別委員会
佐々木代議士から質問
参考人の皆さま

2016年11月22日

化粧品の動物実験の廃止へ向けた規制に関する勉強会

 22日、私も呼びかけ人の一人となった「化粧品の動物実験の廃止へ向けた規制に関する勉強会」を開催し、HSI(ヒューメイン・ソサイエティ・インターナショナル)のトロイ・サイドルさんから“化粧品の動物実験禁止をめぐる世界各国の法規制の動き”についてお話いただき、また、厚生労働省医薬品審査管理課からも日本国内での現状について説明していただくなど、充実した勉強会となりました。

呼びかけ人として挨拶
会場の様子
HSIトロイ・サイドルさん

HSIトロイ・サイドルさん来所

 22日、化粧品の製造販売への動物実験禁止にむけた活動を展開するNGO団体、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルの研究・毒性学部門ディレクター、トロイ・サイドルさんが来日、勉強会開催前に、国会事務所を訪問くださり、意見交換しました。

国会事務所にて

民進党災害対策部門会議

 22日、民進党災害対策部門会議を開催し、本日午前6時前の地震について、内閣府防災担当、気象庁、原子力規制庁からヒアリング実施しました。
 東日本大震災の余震とみられ、更なる余震に注意とのこと。福島第2原発冷却水の一時停止については、今後1週間で原因などについて電力会社から報告をうけ、原子力規制庁から発表となる予定です。

部門会議にて

トンネルじん肺救済法案実現をめざす院内集会

 22日、トンネルじん肺救済法案実現をめざす院内集会が開催されました。平成18年に政府与党で合意された救済ですが、いまだ実行に移っていません。
 当時、署名されていた漆原代議士(公明党)も出席し、救済に向けて決意を述べられました。
 アスベストも含め、建材、工法の健康被害が認識されはじめても、コスト優先の結果、多くの建設従事者が健康被害にあい、肺気腫を発症するなどして命を失っています。
 将来の建設従事者へ被害が続かないよう、いま、国が責任をもって救済する必要があると強く思いました。

院内集会
配布資料

建設埼玉川越地本より要望書受取

 22日、建設埼玉川越地区本部、榎本委員長をはじめとする皆さまに国会事務所へ訪問頂き、要望書を受取るとともに、意見交換が出来ました。

榎本委員長より受け取りました

建設労働議員懇談会

 22日、建設労働議員懇談会が開催され、全建総連役員の皆様との意見交換を行いました。私からは、現在議員立法に向け準備を進めている「建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律案」について、概要を述べるとともに、進捗状況を説明いたしました。
 国内では平均すると1日あたり1名の建設工事従事者が転落などによって亡くなるなどの事故が生じています。
 法律案では、安全と健康の確保を推進するため、公共発注・民間発注を問わず、労災保険料を含む安全衛生経費の確保や一人親方問題への対処等がなされるよう、対策を国及び都道府県等に求める内容となっています。

法案を説明
意見交換

2016年11月21日

「無電柱化法案」早期成立促進議議員連盟視察

 21日、超党派の「無電柱化法案」早期成立促進議議員連盟にて視察を実施しました。

視察の様子1
視察の様子2

2016年11月20日

川合よしあき川越市長市政報告会

 20日、川合よしあき川越市長の市政報告会が開催されました。
 2期8年の実績のもと、市長への期待が感じられた大会でした。

市長からの市政報告

かわごえ国際交流フェスタ

 20日、かわごえ国際交流フェスタが、蓮馨寺境内で、開催されました。
 タイ、フィリピン、ブラジル、グアテマラ、ロシアなどなど、様々な文化、音楽、味覚に出会えるイベントです。

開催チラシ
住職、市長をはじめ境内にて
会場にて
会場内の様子1
会場内の様子2
会場内の様子3
会場内の様子4
会場内の様子5
会場内の様子6
会場内の様子7
会場内の様子8

2016年11月19日

産業フェスタ会場で多くの皆さまと

 20日、かわごえ産業フェスタの会場で多くの方と出会い、歓談することができました。
 盆栽会では、盆栽の文化遺産登録の署名に取り組まれていて、私も署名いたしました。

宅建協会ブースの皆さまと
全日不動産ブースの皆さまと
社労士会ブースの皆さまと
会場内にて
盆栽会会員の作品展示1
盆栽会会員の作品展示2

産業フェスタのブース内で消防団員募集

 19日、かわごえ産業フェスタで、消防団員募集と防災への呼び掛けをされていました。
 川越の女性消防団員は全国大会で優勝等したことあります。
 全国的にも、女性消防団員が増やしているそうです。

消防団募集中
募集チラシ
展示

かわごえ産業フェスタ開会式

 19日、かわごえ産業フェスタ開会式に伺いました。
 今年も姉妹都市からの来賓を迎え、KOEDO E-PROの表彰式が行われました。
 地域から日本の産業を支える技術と出会えるイベントとなっています。

開会式会場にて
表彰式
会場にて1
会場にて2
会場にて3
会場にて4

税理士会・日税政からの税制改正要望受取

 19日、地元事務所にて、日本税理士会連合会並びに日本税理士政治連盟からの税制改正要望書を受け取りました。

地元事務所にて

2016年11月17日

国保の改善強化に関する陳情書をいただきました

 17日、明治神宮会館にて国保制度改善強化全国大会が開催されました。
 大会終了後、埼玉県国保協議会の皆さまが国会事務所に訪問くださり、同協議会からの陳情書並びに全国大会陳情書を受け取りました。

埼玉県国保協議会からの陳情書
国保制度改善強化全国大会「国保制度の改善に関する陳情書」

災害対策特別委員会で質問

 17日、衆議院災害対策特別委員会にて質問に立ちました。
 内容は、岩手県への委員会視察の際に被災地首長さんから伺った要望に関して尋ねた後、熊本地震などに関係して自治労の皆さんからお聞きした事項に関したものとともに全国各地の障害当事者の議員等による障害者の政治参加に関心を持つ方々で構成する市民団体「障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク」(代表 でんだひろみ さいたま市議会議員)がまとめられた“熊本地震における障害者に関わる諸課題について”の提案内容に関して質問しました。

災害対策特別委員会で質問
松本防災担当大臣
災害対策特別委員会

発言の詳細は以下の議事速報をご覧ください。
↓↓↓↓↓<2016.11.18 Upload>↓↓↓↓↓
【議事速報(速記録)pdf】(18-24ページ) 又は、【議事速報(速記録)text】
※本議事速報は、正規の議事録ではございません。

2016年11月16日

17日、災害対策特別委員会質問予定のご案内

11月17日、衆議院災害対策特別委員会にて、10:37~11:07までの予定で、30分間、質問の機会を頂くこととなりました。

《 災害対策特別委員会 》

【期日】
2016年11月17日(木)

【時間】
10:37頃~11:07頃までの予定 所要30分

【内容】
1)岩手県被災地視察に関して
2)地方自治体職員のサポート、並びにメンタルヘルス対策等について
3)熊本地震での障がい者に関わる提案要望に関して
4)感震ブレーカーの普及促進について

等を予定しています。

民進党国土交通・沖縄北方部門会議

 16日、民進党国土交通・沖縄北方部門会議が開催され、福岡市、博多駅前での道路陥没事故について国土交通省からのヒアリングを行うとともに、超党派で準備を行っている議員立法案件についての法案審査・法案登録などを議題としました。
 党内の議連及び超党派議連においても取り組んでいる「無電中化の推進に関する法律案」については、改めて経緯・内容など私から説明させていただき、部門として了承することが確認されました。

部門会議にて1
部門会議にて2

民進党生活衛生業振興議員連盟総会

 16日、民進党生活衛生業振興議員連盟総会で、各団体の現状を伺いました。

議連総会にて

国土交通委員会質問

 16日、衆議院国土交通委員会にて、25分間、質問の機会を得ました。
 主な内容は、3月質疑の伝統構法関連その後の対応について、仮設住宅とバリアフリーについて、新建材・新工法での木造・木材利用促進に関連した施策について、空家問題について、住宅リフォーム事業者団体登録制度について、などです。

国土交通委員会にて1
国土交通委員会にて2
石井国土交通大臣

発言の詳細は以下の議事速報をご覧ください。
↓↓↓↓↓<2016.11.17 Upload>↓↓↓↓↓
【議事速報(速記録)pdf】 又は、【議事速報(速記録)text】
※本議事速報は、正規の議事録ではございません。

2016年11月15日

16日、国土交通委員会質問予定のご案内

11月16日、衆議院国土交通委員会にて、9:40~10:05までの予定で、25分間、質問の機会を頂くこととなりました。

《 国土交通委員会 》

【期日】
2016年11月16日(水)

【時間】
9:40頃~10:05頃までの予定 所要25分

【内容】
1)3月質疑の伝統構法関連その後の対応について
2)仮設住宅とバリアフリーについて
3)新建材・新工法での木造・木材利用促進に関連した施策について
4)空家問題について
5)住宅リフォーム事業者団体登録制度について
6)無電柱化の推進について
7)公契約法について

等を予定しています。