新着記事

  1. 川越織物市場の会総会
  2. 高麗郡建郡1300年記念祭
  3. 第1回地域猫セミナー
  4. 国土交通委員会質問
  5. 20日、国土交通委員会質問予定のご案内
  6. 民進党循環型社会推進議連設立総会
  7. 川越市総合園芸展反省会
  8. JAいるま野合併20周年記念式典・懇親会
  9. 建設埼玉南部地区本部第46回定期大会懇親会
  10. ふれあい福祉まつり

過去の記事






カウンター

2016年05月22日

川越織物市場の会総会

 22日、川越織物市場の会総会に出席いたしました。
 総会に伴い、新潟県村上市の吉川氏(村上町屋商人会、むらかみ町屋再生プロジェクト、チーム黒塀プロジェクト)よりまちづくりについて記念講演が行なわれ、さらに、懇親会では、参加者それぞれが村上市のまちづくりや、この織物市場との関わりを語りました。
 まちは住民が育てるもと、改めて感動した総会でした。
 私も、このようなまちの魅力を見出だす活動を応援していけるよう頑張ってまいります。

講演いただいた吉川氏と
旧川越織物市場跡

2016年05月21日

高麗郡建郡1300年記念祭

 21日、高麗郡建郡1300年記念祭が日高市文化体育館にて開催されました。
 韓国からも知事、市長、議員が来られて、両国間、地域間での長い交流と融合の歴史があることを再認識し、少なからず感動しました。

会場にて
会場の様子1
会場の様子2

第1回地域猫セミナー

 21日、上福岡西公民館で行われた第1回地域猫セミナーに参加してまいりました。
 短時間の出席となりましたが、野良猫が毎回同じ場所でトイレ出来るよう、猫の習性を利用した事例報告など興味深いものばかりでした。
 動物も人間も、共に生きられる社会づくりをしたいものです。
 日々地域猫活動等の動物愛護・地域作りに取り組まれる皆さまに、感謝しています。

地域猫セミナー会場にて

2016年05月20日

国土交通委員会質問

 20日、衆議院国土交通委員会「都市再生特別措置法の一部を改正する法律案」審議で質問にたちました。
 新たに都市の国際競争力強化に資する施設整備に関して特例措置が設けられる点について、外国語対応の保育所整備等が対象となることを確認した上で、現状で子育て支援のための施策が十分足りていない中でより特別なものを優先して作ろうとすることに繋がりかねないことから見解を求めるなどしました。
 都市の国際競争力強化については、ややもすると、外国語対応、外国人利用者対応といった視点に偏りがちですが、ごくあたりまえのこと、安全安心して利用できる交通関連をはじめとした公共インフラの点検・更新といった地道で目立ちにくいところに注力する、立ち返ることが必要であり、それこそが高い信頼と評価を得ている日本の公共交通機関などの国際的評価を維持しさらに高めていくことに繋がるのだという視点から、国土交通大臣をはじめとして議論させていただきました。

国土交通委員会にて
石井国土交通大臣答弁

発言の詳細は以下の議事速報をご覧ください。
↓↓↓↓↓<2016.5.23 Upload>↓↓↓↓↓
【議事速報(速記録)pdf】 又は、【議事速報(速記録)text】
※本議事速報は、正規の議事録ではございません。

2016年05月19日

20日、国土交通委員会質問予定のご案内

 5月20日、衆議院国土交通委員会にて、「都市再生特別措置法の一部を改正する法律案」審議が行われ、10:20~10:50までの予定で、30分間、質問の機会を頂くこととなりました。

《 国土交通委員会 》

【期日】
2016年5月20日(金)

【時間】
10:20頃~10:50頃までの予定 所要30分

【内容】
「都市再生特別措置法の一部を改正する法律案」審議
1)都市の国際競争力について
2)非常用電機等供給施設協定制度の創設について
3)低未利用土地利用促進協定制度の創設について
4)個別利用区制度の創設について
5)災害仮設住宅の建設用地について

等を予定しています。

2016年05月18日

民進党循環型社会推進議連設立総会

 18日、民進党資源循環型社会推進議員連盟設立総会に出席、議連幹事に就任いたしました。
 資源のリサイクル・リユース促進のためにがんばります。

議連総会にて

2016年05月17日

川越市総合園芸展反省会

 17日、川越市総合園芸展反省会に出席いたしました。
 華道連盟の皆さまと華やかに記念撮影するとともに、盆栽や盆石などの話で盛り上がりました。

反省会にて

JAいるま野合併20周年記念式典・懇親会

 17日、JAいるま野合併20周年記念式典・懇親会に出席いたしました。
 現在、全国で7位の組合員数となりました。これからも地産地消、地域農業とともに発展されることご期待申し上げます。

会場にて
地域の農産品
狭山茶での呈茶

2016年05月15日

建設埼玉南部地区本部第46回定期大会懇親会

 15日、建設埼玉南部地区本部第46回定期大会後の懇親会に大野参議院議員と出席致しました。

総会会場にて

ふれあい福祉まつり

 15日、第26回川越市ふれあい福祉まつりが、好天に恵まれた中で開催されました。
 開会式終了後に、川越市社協のマスコット「福っくらちゃん」ならびに副実行委員長と記念撮影。
 大野元裕参議院議員も来場されました。

「福っくらちゃん」、副実行委員長と
毎年バザー出店している川越市赤十字奉仕団の皆さんと
大野元裕参議院議員と

2016年05月14日

埼玉県障害者協議会第36回総会

 14日、 NPO法人埼玉県障害者協議会第36回総会に伺いました。

総会会場にて

大野元裕参議院議員大宮事務所開き

 14日、 大野元裕(おおのもとひろ)参議院議員の大宮事務所開きが行なわれ、出席してまいりました。

大野元裕参議院議員

2016年05月13日

国土交通委員会質問

 13日、衆議院国土交通委員会にて一般質疑がもたれ、質疑機会を頂きました。
 熊本地震で発生している建築廃棄物への対応について、現地調査に入られた木の家ネットの建築士の皆さんの感想や見解も参考にして文化財建築などの復旧について、都市の国際競争力の定義について、特色と魅力ある街づくりについて、まちと交通のバリアフリー化の取組について、ミッドプライウォールシステムなど先進的木造関連工法の普及促進について、家賃補助などによる住宅政策の展開の必要性について、など石井国土交通大臣をはじめとして、国土交通省、環境省、文化庁より答弁を求めました。

国土交通委員会にて2
石井大臣より答弁
国土交通委員会にて2

発言の詳細は以下の議事速報をご覧ください。
↓↓↓↓↓<2016.5.18 Upload>↓↓↓↓↓
【議事速報(速記録)pdf】 又は、【議事速報(速記録)text】
※本議事速報は、正規の議事録ではございません。

民進党税理士制度推進議員連盟総会

 13日、民進党税理士制度推進議員連盟の総会が開催され、日本税理士会連合会並びに日本税理士政治連盟からの要望事項をお聞かせいただきました。

議連総会にて
日本税理士会連合会神津会長
日本税理士政治連盟小島会長
関東信越税政連幹事長渡邉先生

2016年05月12日

13日、国土交通委員会質問予定のご案内

 5月13日、衆議院国土交通委員会にて、9:00~9:45までの予定で、45分間、質問の機会を頂くこととなりました。

《 国土交通委員会 》

【期日】
2016年5月13日(金)

【時間】
9:00頃~9:45頃までの予定 所要45分

【内容】
1)熊本地震への対応について
2)特色あるまちづくりにむけての取組について
3)街と交通のバリアフリー化について
4)先進的木造関連工法の普及促進について
5)未婚・少子化・低成長時代の住宅政策について

等を予定しています。

2016年05月11日

国土交通・沖縄北方部門会議

 11日、民進党国土交通・沖縄北方部門会議が開催されました。

部門会議にて

連合埼玉青年委員会との意見交換会

 11日、連合埼玉青年委員会との意見交換会が開催され出席いたしました。

意見交換会にて

2016年05月10日

中村哲治さん来所!

 10日、元衆参両院の議員を務められた中村哲治さんが、奥様とともに国会事務所にいらっしゃいました。
 中村さんは、今年夏の参議院選挙、佐賀県選挙区における民進党公認予定候補に内定され、心機一転、力を尽くされることとなりました。
 障がい者政策、住宅政策をはじめ、様々な課題において、ご一緒に取り組んできた中村さんのご活躍に大いに期待し、ご奮闘を心からお祈りいたします。
 奥様のお父さんが佐賀のご出身、ご縁を感じずにいられません。力を合わせて、頑張って!

中村哲治さんご夫妻と

2016年05月06日

新川越越生線建設促進期成同盟会総会

 6日、新川越越生線建設促進期成同盟会総会に出席しました。

挨拶機会を頂きました

2016年05月05日

あいアイ美術館開館記念パーティ

 5日、あいアイ美術館、こどもの日恒例の開館記念パーティのご案内を頂きました。今年も磯村みどりさんとダイヤモンド東京パイロットクラブの皆さまもいらっしゃいました。
 展示作品の素晴らしさに圧倒されます。

あいアイ美術館HP
http://www.aiai-art.jp/


会場にて
こいのぼりを活かして

2016年05月04日

川越八幡神社春の例大祭

 4日、素晴らしい晴天のもとで、川越八幡神社春の例大祭がとり行われました。

八幡神社にて

2016年05月03日

川越市仏教会「花まつり」

 3日、蓮馨寺で、川越市仏教会による花まつりが行なわれました。浄土宗のマスコット「なむちゃん」と記念撮影。

なむちゃんと
花まつり

【泰子リポート 2016年5月3日版】

 4月28日、ようやく熊本地震の激甚災害指定が行なわれました。指定により、被災自治体による予算の裏付けが明確になり、復旧・復興への計画が創り易くなります。被災された方、お亡くなりになられた方に、改めて御悔やみとお見舞いを申し上げます。
 国政選挙には一回約700億円もの税金が使われます。任期満了による参議院選挙は行わなくてはなりませんが、4年で3回目となる総理大臣の自己都合衆議院解散は究極のムダ遣いになると思います。
 国会議員として、今は与野党超えて被災地支援に全力を投入すべきだと考えています。

◆日本国憲法は施行から69年。

 5月3日、本日は日本国憲法が昭和22年に施行されてから69年をむかえる憲法記念日です。
 日本では、日常生活を送っていく上で、「自由」も「権利」も当たり前にあるものとして感じている人が多いように思います。しかしシリア難民やロヒギャンなど人権も安全も脅かされている地域が世界中には多々存在するのも現実です。
 平和な時代に育った私も、憲法前文にある「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」「国際協調」という4大原則は、現在においても守るべき人類普遍の考え方であり、引き続き堅持すべきものと考えています。

◆「憲法はGHQのおしつけ、だから現行憲法改正」には異議あり。

 確かに現行憲法はGHQの監督下で草案が作成された経緯はあります。
 しかしながら大日本帝国憲法下で、翼賛会政治による国会の形骸化が生じ、本当は戦争をしたくなかったと戦後言い訳をするような政治家の劣化、軍部権力の暴走、この権力の暴走を報道しなかった報道の萎縮など自由や権利が奪われ、大きな悲劇を生むこととなり、300万人以上の命が失われました。
 この反省から1946年、大日本帝国憲法73条の憲法改正手続きに従い、帝国議会の審議を経て現在の日本国憲法が制定されました。
 手続き上、憲法改正ですが、実質的に新憲法の制定が行なわれました。

◆憲法改正は主権者である国民が決める。総理や国会議員が決めるのではない。

 もちろん時代の変遷、世界情勢の変化に伴い、現在の実勢には合わなくなってきているところは「国民の合意があれば改正すること」は出来ます。しかし、安倍政権では「集団的自衛権の行使、権力の集中」が目的なのか、既に自民党憲法改正草案にのっとったかのような国会対応です。
 自由や権利、平和のためには、私たち国民一人ひとりがしっかりと考え、行動していく必要があります。すなわち、全ては国民一人ひとりの判断にかかっています。立憲主義・平和主義をこれからも、共に進めて参りましょう!

「憲法記念日にあたって」岡田代表談話

「憲法記念日にあたって」岡田代表談話

 日本国憲法の施行から69年。「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」という3つの基本原則を柱とする我が国憲法は、日本国民が長い年月をかけて育んできたものであり、戦後日本の自由と民主主義、平和と繁栄の礎となってきました。
 民進党は、結党にあたって定めた綱領において、自由と民主主義に立脚した立憲主義を断固として守るとともに、時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想すると掲げています。
 しかしながら、その憲法がいま、大きな危機を迎えています。
 安倍総理は、憲法改正への野心を隠すことなく、衆参で3分の2を制することを目指しています。憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認、安全保障関連法の成立強行など、立憲主義、平和主義の本質を全く理解せず、これを大きく傷付けてきた安倍自民党政権が、いよいよ憲法改正という「本丸」に手をかけようとしているのです。
 そういう中で、今夏の参議院選挙は、まさに日本政治の分岐点となります。安倍自民党政権が勝利すれば、憲法9条を改正して集団的自衛権を制限なく行使可能とすることは確実で、日本は「普通の国」へと突き進むことになります。それは、国際的な紛争解決のために我が国が武力行使することはしないという、先の大戦の犠牲と反省に基づく日本国憲法の平和主義の根幹を大きく変質させるものです。
 日本の国のかたちを変える安倍自民党政権のこの重大な挑戦に、民進党は正面から対峙します。来たる参議院選挙、更には衆議院選挙において、誤った憲法改正を目指す安倍政権の暴走を止め、日本国憲法の根幹である平和主義を守り抜くことを、憲法記念日にあたり、改めて国民の皆さんにお約束します。

2016年05月01日

第36回よみうり杯争奪西武沿線少年野球大会開会式

 5月1日、西武プリンスドームでの第36回よみうり杯争奪西武沿線少年野球大会開会式に出席。写真は、式典終了後に、並木大会会長、埼玉アストライア岩崎恭子球団代表、埼玉アストライア監督と。

並木会長、埼玉アストライアの代表、同監督と

2016年04月30日

川越茶友会総会

 4月30日、川越茶友会総会に出席。総会後に粂原会長からの講話は、仏教と茶道の繋がりなどを中心とした、とても楽しいお話でした。

粂原会長

2016年04月29日

かわごえ春の農業祭り

 4月29日、かわごえ春の農業祭りに伺いました。野外ステージではフジ太鼓の迫力ある演奏も披露されました。
 野外会場では、野菜、米、トマトカレーや卵かけご飯などの販売で川越の農作物を堪能でき、建物内では、食生活改善推進協議会の皆さまから、味噌汁の塩分濃度の違い分からせて下さいます。猿、兜の折り紙等も披露されていました。

会場にて
ふじ太鼓さんの演技
開催チラシ

連合埼玉第87回埼玉県中央メーデー

 4月29日、連合埼玉第87回埼玉県中央メーデー。少々強い風が吹きながらも快晴のもと、5000人を越える参加者と小林直哉連合埼玉会長の掛け声で行なわれた頑張ろうコールは圧巻でした。
 会場の大宮・鎧塚公園には、東日本大震災以降、毎回被災地支援の物産販売が続けられています。今年は熊本地震の募金活動も行われました。生活者、働くものの立場に立ち、暮らしの底上げの実現に向けて、民進党も頑張ります。

小林会長、元会長の吉澤さんと
壇上にて
サヴァ缶
なみえ焼きそば

2016年04月28日

民進党障がい・難病政策推進議員連盟団体ヒアリング

 28日、民進党障がい・難病政策推進議員連盟での団体ヒアリングを実施しました。
 今回は、全日本ろうあ連盟さん、日本発達障害連盟さん、障害のある人と援助者でつくる日本グループホーム学会さん、全国地域生活支援ネットワークさんの計4団体より、要望・意見など伺いました。

事務局長として司会を務めました
私の名前は原“口”です、と手話で話す原口会長

2016年04月27日

国土交通委員会質問

 27日、国土交通委員会にて宅地建物取引業法の一部を改正する法律案審議が行われ、質問機会を頂きました。
 改正案の内容についての質問に入る前に、熊本地震被災地での仮設住宅確保について、取り上げました。東日本大震災でも相当数の建設が行われた木造仮設住宅について、熊本でも積極的に採用すべきだと思います。また、建設適地確保上有効な2階建てなどの仮設住宅、さらに、既存の空きアパートなどを利用するみなし仮設住宅など、様々な手法を活用して、避難中の方が、一日でも早く良い住環境のもとへと移行できるよう努めていくべきだと考えます。
 仮設住宅を所管する官庁は、内閣府の防災担当ですが、住宅建設を所管し、また宅地建物取引業者を通じて良好な空き物件情報を照らし合わせるなど、国土交通省がしっかりと連携していくべきだとして、大臣に見解を求めました。
 続いて、法案内容については既存建物の「建物状況調査(インスペクション)」について、内容や、調査を行う者などについて確認していきました。
 日本での住宅需要は極端に新築に偏っていると、旧来から指摘されてきました。
 今回の法改正により、建物状況調査(インスペクション)に対する認知度、さらに信頼感が高まり、インスペクションを受けている中古住宅(既存住宅)の流通に良い効果を生じることで、意識の変化とともに、住宅市場の構造が変化していき、ひいては、良い住宅にリフォームなどで手を加えながら、長く使っていける、環境負荷の低い循環型の成長産業へと脱皮していくことに繋がることを心から期待して、質問を終えました。

国土交通委員会にて1
石井大臣より答弁
国土交通委員会にて2

発言の詳細は以下の議事速報をご覧ください。
↓↓↓↓↓<2016.4.28 Upload>↓↓↓↓↓
【議事速報(速記録)pdf】 又は、【議事速報(速記録)text】
※本議事速報は、正規の議事録ではございません。

2016年04月26日

27日、国土交通委員会質問予定のご案内

 4月27日、衆議院国土交通委員会にて「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」の審議が行なわれ、9:50~10:20までの予定で、30分間、質問の機会を頂くこととなりました。

《 国土交通委員会 》

【期日】
2016年4月27日(水)

【時間】
9:50頃~10:20頃までの予定 所要30分

【内容】
1)熊本地震での仮設住宅供給に関して
2)「建物状況調査(インスペクション)」に関して
3)宅地建物取引士等に対する研修の充実に関して

等を予定しています。

民進党障がい・難病政策推進議員連盟団体ヒアリング

 26日、民進党障がい・難病政策推進議員連盟での団体ヒアリングを実施しました。
 今回は、全日本難聴者中途失聴者団体連合会さん、全国肢体不自由児施設運営協議会さん、全国自立生活センター協議会さん、日本ダウン症協会さん、全国精神障害者地域生活支援協議会さんの計5団体より、要望・意見など伺いました。

議連ヒアリングにて

2016年04月24日

一般財団法人WINWIN設立登記完了記念懇親会

 24日、一般財団法人WINWIN設立登記完了記念懇親会に出席しました。
 WINWINは、米国の女性議員立候補者支援組織エミリーズリストに触発され設立となった団体です。
 私は2000年にWINWINが初めて国政選挙で支援した女性候補者の5人のうちの一人です。結果は落選でしたが、当時の私にとって赤松代表をはじめとした方々の支援があったことは、本当に心強く感じました。最初に選ばれた5人の内で、現在も国会議員として活動を続けるにいたっているのは私だけでもあります。
 クォータ制導入など政治には様々な課題があります。WINWINが一般財団法人となることで、引き続き女性議員数増加とともに、女性のエンパワーメントへの支援活動へと、発展していかれることを心から願っています。

赤松代表と
赤松代表挨拶
懇親会で隣席になった石井さんと

埼玉県茶道連盟総会に出席

 24日、埼玉県茶道連盟の総会に出席いたしました。
 同連盟は昨年、設立10周年記念迎え、山口理事長のご挨拶では禅語なども交えての趣き深いお話をお聞きしました。
 総会後の講演では昨年に引き続き、香司「香十」特別顧問 稲坂良弘先生より香道の歴史などご講演いただきました。

総会・講演会、会場にて

2016年04月23日

川越ペンクラブ総会に出席

 23日、川越ペンクラブ総会に出席しました。
 総会後は恒例の卓話。今年は、小江戸川越観光親善大使でもあるペンクラブ会員の井上浩さんより「川越唐桟(かわごえとうざん)」について講演いただきました。85歳にして、ますます好奇心と意欲溢れるお話でした。

井上浩さんのご講演
川越唐桟は縦縞の織物です

2016年04月22日

内閣委員会質問

 22日、衆議院内閣委員会にて「特定国立研究開発法人による研究開発等の促進に関する特別措置法案」の審議が行なわれ、質問機会を頂きました。
 主な内容は、法律の目的の書きぶりについて、法人単位での指定の妥当性について、研究開発環境のボトムアップへの取組について、主務大臣の要求(法案第7条)について、人文科学・社会科学分野の学術研究・基礎研究についてなど、島尻大臣並びに、関係省庁より答弁を求めました。

内閣委員会にて質問、隣は次の質疑者鈴木義弘代議士
島尻大臣

発言の詳細は以下の議事速報をご覧ください。
↓↓↓↓↓<2016.4.26 Upload>↓↓↓↓↓
【議事速報(速記録)pdf】 又は、【議事速報(速記録)text】
※本議事速報は、正規の議事録ではございません。

2016年04月21日

「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」について説明を受けました

 21日、本会議散会後、国土交通省より「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」について、説明を受けました。
 本改正案については、既に何度か説明を聞いておりましたが、法案審議が来週にも行われる予定となり、また、その際には質問機会が得られる見込みであることから、再度の内容確認を行いました。

改正内容を確認

22日、内閣委員会質問予定のご案内

 4月22日、衆議院内閣委員会にて「特定国立研究開発法人による研究開発等の促進に関する特別措置法案」の審議が行なわれ、10:30~11:00までの予定で、30分間、質問の機会を頂くこととなりました。

《 内閣委員会 》

【期日】
2016年4月22日(金)

【時間】
10:30頃~11:00頃までの予定 所要30分

【内容】
1)「特定国立研究開発法人」への指定について
2)材料研究に強い2法人について
3)主務大臣の要求(法案第7条)について
4)今後の特定国立研究開発法人の範囲の検討(法案附則第3条)について
5)国際特許出願に関する支援体制について
6)独法制度下での研究開発法人の問題点について
7)対象法人の数について
8)人文科学・社会科学分野の学術研究・基礎研究について
9)研究開発法人の給与水準について
10)研究開発等の促進に関して政府が講ずべき措置(法案第3条)について
11)特定国立研究開発法人の長の解任に関する特例(法案第4条)について
12)中長期目標等に関する特例(法案第5条)について

等を予定しています。(質疑時間の関係上、項目は減ることとなる見込みです。)

2016年04月20日

「第3回国際ドローン展」

 20日、多数の企業・研究機関が出展しているドローン(無人航空機)の産業利用に焦点をあてた専門展示会「第3回国際ドローン展」を民進党国交部門会議メンバーとして視察致しました。
 この分野の先駆者でもあるPRODRONEは、様々な技術開発を実現しています。中には仙北市土砂崩れ現場やネパールで実際に空中撮影に使用したドローンも展示されていました。
 昨年、ドローン規制法が成立し、また、航空法改正も行いましたが、違法ドローンを捕獲するドローンや、橋梁や壁面などの調査を行うドローンなどもあり、とても興味深く拝見致しました。
 道路等の点検・保守、測量、災害救援物資輸送、倉庫商品管理などドローン活用の幅広さと、3兆円産業になると言われるドローンの可能性を実感した視察となりました。

ドローン展会場にて
荒井代議士、鈴木代議士、津村代議士と

きょうされんの皆さまとの懇談会に出席しました

 20日、きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)の皆さまと、民進党議員との懇談会が開催され、出席いたしました。
 「障害者の権利に関する条約」に即した制度改革にあたっての要望、熊本地震における被災障害者並びに被災作業所・事業所等への支援に対する要望、また、国会請願署名の審査についての要望などお聞きするとともに、作業所にお務めの方、通所中の方からの生の声を頂きました。

懇談会にて