新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2015年04月01日

「感震ブレーカー」の木密地域普及率25%が示されました

 31日、「首都直下地震緊急対策推進基本計画」の変更について中央防災会議での決定とともに、閣議決定されました。
 変更点の中に、これまで災害対策特別委員会質疑でも取り上げてきた、「感震ブレーカー」の設置推進に関して、新たに電気に起因する出火の危険性の高い木造住宅密集市街地での普及率25%を目指すことが示されています。
 よりいっそう高い目標設定とともに、その実現のための諸施策の実行を求めて、今後とも取り組んでいきたいと思います。

変更閣議決定された首都直下地震緊急対策推進基本計画より抜粋
4月1日新聞朝刊記事