新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2015年03月05日

国内の木製の樽・桶について説明を受けました

 5日、経済産業省商務情報政策局日用品室より、国内の木製の樽や桶に関して、説明を受けました。
 家庭で用いる物として、木製の樽・桶の類は少なくなっています。各地の酒蔵、醤油、味噌、漬物などの製造販売の様々な段階で、かつては木製の樽・桶が用いられており、現在もそれら現場で道具として、あるいは設備として使われています。
 醤油製造用の大型の樽を締め上げる「たが」をつくる職人さんが、将来いなってしまうのではないか、など様々な点で技能や文化の伝承について懸念が広がっています。
 日本の気候風土に根ざしたものが失われていくのではなくて、価値あるものが残って、日本の魅力を高めていけるよう、様々な取り組みが必要だと感じています。
事務所にて