新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2014年09月02日

シンポジウム「教訓を活かすために 災害関連死を考える」

 弁護士会館で開催されたシンポジウム「教訓を活かすために 災害関連死を考える」を拝聴してまいりました。
 南相馬市の桜井勝延市長、並びにNPO法人さぽーとセンターぴあ代表理事から伝えられた、震災直後の南相馬市の状況や、その後の政府・東電の対応への不信・憤りの現実はとても厳しいものでした。
 現在、川内原発再稼働などの検討も行われていますが、ひとたび事故が起こった際のリスクは計り知れないのが原発であり、国民(さらには世界)に対しての責任を果たし、寄り添う政治を言葉だけにせず、過去に学ぶ謙虚な姿勢を政治は忘れてはならないとの、強いメッセージとして受け止めさせていただきました。

桜井南相馬市長