新着記事

  1. 駅頭国政報告 上福岡駅前
  2. 明石市の泉房穂市長講演会
  3. 駅頭国政報告 川越駅前
  4. 駅頭国政報告 南古谷駅前
  5. 第8回“建設職人基本法”研修会in大宮
  6. 富士見市役所へ挨拶訪問
  7. 駅頭国政報告 川越市駅前
  8. 駅頭国政報告 川越駅前
  9. 前原『次の内閣』閣議(第1回)に出席

過去の記事

2014年09月02日

シンポジウム「教訓を活かすために 災害関連死を考える」

 弁護士会館で開催されたシンポジウム「教訓を活かすために 災害関連死を考える」を拝聴してまいりました。
 南相馬市の桜井勝延市長、並びにNPO法人さぽーとセンターぴあ代表理事から伝えられた、震災直後の南相馬市の状況や、その後の政府・東電の対応への不信・憤りの現実はとても厳しいものでした。
 現在、川内原発再稼働などの検討も行われていますが、ひとたび事故が起こった際のリスクは計り知れないのが原発であり、国民(さらには世界)に対しての責任を果たし、寄り添う政治を言葉だけにせず、過去に学ぶ謙虚な姿勢を政治は忘れてはならないとの、強いメッセージとして受け止めさせていただきました。

桜井南相馬市長