新着記事

  1. 駅頭国政報告 上福岡駅前
  2. 明石市の泉房穂市長講演会
  3. 駅頭国政報告 川越駅前
  4. 駅頭国政報告 南古谷駅前
  5. 第8回“建設職人基本法”研修会in大宮
  6. 富士見市役所へ挨拶訪問
  7. 駅頭国政報告 川越市駅前
  8. 駅頭国政報告 川越駅前
  9. 前原『次の内閣』閣議(第1回)に出席

過去の記事

2014年04月02日

世界自閉症啓発デー東京タワーライトアップイベントに参加しました

 4月2日、世界自閉症啓発デー東京タワーライトアップイベントに参加しました。
 厚生労働省の点灯式のあと、東ちづるさんが理事長を努められる団体「Get in touch」による“ごちゃまぜを楽しむ”イベントが行われました。
 青く輝いたのは東京タワーだけではありません。2013年からは世界101ヶ国8400ヶ所以上のランドマークが青く光る「ライト・イット・アップ・ブルー」がスタートしています。日本でも50ヶ所以上の参加がありました。
 昨年は大雨の中でのイベントでしたが、今年は程よい天気で、あたたかく青い炎を灯すブルーキャンドルによる、キャンドルリレーに参加しながら、イベントステージの石井竜也さんの歌や、「まぜこぜの社会」を目指すメッセージソングを歌うサルサガムテープの演奏を楽しみました。
 多くの方に自閉症のことについてより正しく理解が深まり、“ごちゃまぜの社会”が実現できることを願っています。

一般社団法人Get in touchのコンセプト資料から、私の好きな部分を抜粋してご紹介します。

「どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない社会で暮らしたい」。
 そんな思いを胸に始めたのが「Get in touch」の活動です。“違い”をハンディにするのではなく、特性としてアドバンテージにできる、“違い”をおもしろがる社会がいい。
 全ての人がもっと自然に、もっと気楽に、もっと自由に暮らせる「まぜこぜ」の社会はきっと作れる。
 Get in touchでは、アートや音楽を使って、楽しく居心地のよい空間をつくることで、まぜこぜの心地よさを体験してもらう活動を行っています。


Get in touch ホームページ
http://getintouch.or.jp/


MAZEKOZEの社会をめざすテーマソング、『サルサガムテープ with Get in touch』の最新曲「Get in touch!」の
PV制作クラウドファンディングサイトがオープン!
http://shootingstar.jp/projects/223


青くライトアップされた東京タワー