新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2013年03月28日

0増5減に基づく選挙区割案が首相に答申されたことを受けて

 昨年12月、一票の格差が違憲状態にあると2011年3月、最高裁判決が示された(2009年の第45回総選挙)区割のまま第46回総選挙が執行された。
 本選挙での一票の格差について違憲状態であるにとどまらず、現憲法下で初の選挙無効判決も出たことを厳粛に受け止めている。
 高裁判決で0増5減の対応は不十分と指摘されるなか、憲法14条の求める「法の下の平等」に照らして許容しうる選挙制度を実現するため、国会の不作為は許されない。
 より踏み込んだ議論も含めて、常に国民皆さまに向き合える国会を作り上げたい。