新着記事

  1. 「無電柱化推進計画」(案)説明を受けました
  2. 希望の党「経済再生・地域活性化部会」
  3. 「犬猫殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」動物愛護法改正PT
  4. 織物市場サロンvol.1
  5. 山根県議、細田入間市議 国会事務所訪問
  6. 障害者の自立と政治参加をすすめるネットワークの皆様と
  7. 今国会提出予定法案の説明を受けました
  8. 川越東部工業会協同組合新年賀詞交歓会
  9. 「中核市とともに地方分権を推進する国会議員の会」勉強会
  10. 浄光会朝粥会

過去の記事

2012年11月16日

農水委員長として解散直前までTPP問題を追究

 衆院解散と成る本会議がよていされる11月16日午前、衆議院農林水産委員会の与野党理事及び理事会メンバーで委員長呼びかけの勉強会を開き、TPPについて関係4省庁との間で、交渉の現状、参加でのメリット・デメリットなどについて問いただしました。
 私が農林水産委員長に就任させて頂いた臨時国会では、民主党・自民党の思惑や事情のため各委員会がほとんど機能停止状態にありました。
 委員長として、ねじれ国会のなかでもの中でも審議、行政をチェックする方法として、開催致しました。
 委員長が呼びかけての勉強会はこれまで開催事例が極めて少なく、国会の行政チェック機能、議会運営の新しい方法を提案し、前例を残せたことになります。
 4省庁から聴取した質疑の回答からは、TPPに参加してのメリットは日本には無く、単に米国からの問いにこたえているだけの“交渉”の実態が確認されました。

農水委員長室で開いた勉強会