新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2012年11月16日

農水委員長として解散直前までTPP問題を追究

 衆院解散と成る本会議がよていされる11月16日午前、衆議院農林水産委員会の与野党理事及び理事会メンバーで委員長呼びかけの勉強会を開き、TPPについて関係4省庁との間で、交渉の現状、参加でのメリット・デメリットなどについて問いただしました。
 私が農林水産委員長に就任させて頂いた臨時国会では、民主党・自民党の思惑や事情のため各委員会がほとんど機能停止状態にありました。
 委員長として、ねじれ国会のなかでもの中でも審議、行政をチェックする方法として、開催致しました。
 委員長が呼びかけての勉強会はこれまで開催事例が極めて少なく、国会の行政チェック機能、議会運営の新しい方法を提案し、前例を残せたことになります。
 4省庁から聴取した質疑の回答からは、TPPに参加してのメリットは日本には無く、単に米国からの問いにこたえているだけの“交渉”の実態が確認されました。

農水委員長室で開いた勉強会