新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2011年02月10日

民主党・生活排水適正処理推進P T設立

 今後、水を取り巻く環境は大きく変化してまいります。
 下水道整備が各自治体にとって、財政上大きな負担要因になっているとの認識にたち、排水適正処理を行うため、硬直的な接続義務を見直す下水道法改正を行うことなどの検討を進めるプロジェクトチームが立ち上がり、私はこのPT副座長に就きました。
 民主党政権において地方自治体に過重の負担をへらし、本来の自治が出来るように法整備をしなくては「地域主権」は実現しません。
 ローマ帝国では課題なインフラ整備も崩壊の原因となったといわれます。全国自治体の地方財政に占める下水道債は平成18年度で1兆5412億円であったものが、平成20年度には2兆1635億円(環整連調べ)となっています。
 自然環境をまもるとともに、地域の自治体がそれぞれの財政規模に見あったインフラ整備を実施出来るように、今後も応援したく、このPTでの議論に期待しています。

顧問の前田参議員からの挨拶