新着記事

  1. 駅頭国政報告 上福岡駅前
  2. 明石市の泉房穂市長講演会
  3. 駅頭国政報告 川越駅前
  4. 駅頭国政報告 南古谷駅前
  5. 第8回“建設職人基本法”研修会in大宮
  6. 富士見市役所へ挨拶訪問
  7. 駅頭国政報告 川越市駅前
  8. 駅頭国政報告 川越駅前
  9. 前原『次の内閣』閣議(第1回)に出席

過去の記事

2010年10月21日

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関する勉強会

 現在、FTA・EPAなどに加えて総理が所信表明演説で触れるなど、TPPが話題となっています。
 この度、赤松広隆元農水省・山田正彦前農水相と共に「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関する勉強会」の発起人の一人となり、勉強会に出席しました。
 東京大学大学院・鈴木宣弘教授からは「TPPと日本の国益」、東京大学大学院農学生命学部長・正源寺真一教授から「あらためて農業・農政のあり方を考える」の講演がありました。
 関税撤廃が日本農業に与える影響は多大です。米国もTPP参加検討を行うなど“乗り遅れまい"と焦っている感じも受ける点、また産業界からの要望などにより日本政府内でも参加に前向きの検討も見受けられますが、食の安全保障など、多面的に国益を捉えなければならないことを勉強会を通じて再認識しています。

TPP勉強会にて