新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2010年10月21日

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関する勉強会

 現在、FTA・EPAなどに加えて総理が所信表明演説で触れるなど、TPPが話題となっています。
 この度、赤松広隆元農水省・山田正彦前農水相と共に「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関する勉強会」の発起人の一人となり、勉強会に出席しました。
 東京大学大学院・鈴木宣弘教授からは「TPPと日本の国益」、東京大学大学院農学生命学部長・正源寺真一教授から「あらためて農業・農政のあり方を考える」の講演がありました。
 関税撤廃が日本農業に与える影響は多大です。米国もTPP参加検討を行うなど“乗り遅れまい"と焦っている感じも受ける点、また産業界からの要望などにより日本政府内でも参加に前向きの検討も見受けられますが、食の安全保障など、多面的に国益を捉えなければならないことを勉強会を通じて再認識しています。

TPP勉強会にて