新着記事

  1. 連合埼玉西部ブロック2017年度地協ブロック連絡会
  2. ふじみ野市長選挙 出陣式
  3. 告示日に、前田元参議院、行田参議員と
  4. 選挙期間中各地へ遊説 山根元参議員、山根県議と
  5. 小沢一郎自由党代表と
  6. 小池代表入り演説会、多くの皆さまで埋め尽くされた会場
  7. 選挙戦最後の街頭演説会
  8. 【再掲】今回、希望の党での立候補にあたって
  9. こみやま泰子の未来改革プラン
  10. 21日、選挙自動車、出発

過去の記事

2010年09月15日

民主党代表選 菅直人代表が再選されました

 民主党代表選挙の結果、菅直人さんが再選されました。

 代表選挙最終盤に議員会館を挨拶回りされた菅総理と会い大いに疑問に感じました。
 理由は、まずはさまざまな公務より優先するかのように民主党議員への挨拶回りの時間を取った菅選対の対応であり、首相補佐官が率先して代表選の活動を優先させた点などです。また、その戦術を受け入れた菅総理の判断も残念でした。
 議員室に挨拶に来られた際に公務優先せず民主党内の選挙を優先させた負い目が写る総理の表情を「へらへらした笑い」に感じました。
 この感想がテレビ放映され、お叱りのメールや電話を多数頂きました。皆様には貴重なご意見を頂きありがとうございました。
 参院選大敗による衆参ねじれの次期臨時国会では、開会までの行動が党内選挙優先・国務後回しではないかと野党から攻勢を受けることとなるだろうと容易に推測できる中、私は、円高や外交上も重要な時期、総理にはあくまで公務優先としていただき、代表選については“選対の議員でしっかり頑張る”と言えなかったのだろうかと感じました。続投を目指そうという立場であり、なおさらです。
 候補を支える側の覚悟も大切なのです。
 日本国の総理大臣であり、さらには民主党の代表が総理大臣になっているのですから、敬意を表し礼節をわきまえるのは議員として当然あるべきことです。この点、大いに反省しております。だからこそ、菅選対による総理の扱いの軽さに憤りをあらわにしてしまいました。
 私は、自主自立する国家像をしっかりと持っている小沢一郎衆議院議員を支援しておりましたので、結果は残念でしたが、全国の党員サポーターから9万票(菅代表には約13万票)に上る投票を頂戴いたしましたことに、心強く感じました。今後ともしっかりした民主党をつくるために一丸となることで、応えてまいりたいと存じます。
 代表選両候補で認識の一致していた挙党態勢のもとで、「国民の生活が第一。」の政策実現のため頑張ってまいります。